工場、物流拠点など岡山県内の産業用地および周辺環境や助成金等の紹介、運営:岡山県産業労働部企業誘致・投資促進課

文字サイズ: 文字大文字中文字小お問合せフォーム
サイトマップ

岡山県の魅力

人の利

岡山県内産業の支援体制(その他)

岡山県農林水産総合センター生物科学研究所
岡山県農林水産総合センター生物科学研究所について
岡山県農林水産総合センター生物科学研究所 岡山県農林水産総合センター生物科学研究所は、平成8年、岡山県のほぼ中央、自然に恵まれた吉備中央町に開所した研究施設で、基礎研究から応用研究へ発展させることを目的とした中・四国地方では唯一のバイオテクノロジー関連の研究所です。

平成22年には、新たなニーズに対応するため、農業研究所、畜産研究所、森林研究所、水産研究所、農業大学校とともに、岡山県農林水産総合センターとして集約され、各研究機関との連携が一層進められ、当研究所の役割が強化されました。

研究の様子 現在、当研究所では、遺伝子工学、細胞工学、微生物工学などのバイオテクノロジーを駆使して、県内をはじめとする農林水産業や製造業の振興に資する問題解決型の基礎・基盤研究を実施しております。特に、植物資源や食糧の増産・高品質化、植物免疫の昂進技術の開発、優良品種育成のための遺伝子解析や花芽形成の促進、微生物等の酵素を用いたバイオマスからの有用物質の創出などに輝かしい成果をあげています。当研究所は、県内外の企業や大学との共同研究(産学官連携)を積極的に進めており、実用化においても多くの実績を上げています。
このページの一番上へ
メッセージ
岡山県農林水産総合センター 生物科学研究所所長 白石 友紀
岡山県農林水産総合センター
生物科学研究所
所長 白石 友紀
当研究所は、少人数の研究所ですが、これまで蓄積した基礎的基盤的ノウハウを元に、多様な応用研究を行っており、積極的に、民間や大学と共同研究を進めています。共同研究先には、施設や先端機器を開放するなど開かれた研究所をめざすとともに、地域と産業の一層の発展のため、所員一同日々努力しています。
このページの一番上へ
組織の概要
名称 岡山県農林水産総合センター生物科学研究所
代表 所長 白石 友紀
URL http://www.pref.okayama.jp/soshiki/203/

このページの一番上へ