工場、物流拠点など岡山県内の産業用地および周辺環境や助成金等の紹介、運営:岡山県産業労働部企業誘致・投資促進課

文字サイズ: 文字大文字中文字小お問合せフォーム
サイトマップ

立地企業インタビュー

ナカシマプロペラ株式会社 玉島工場(水島港玉島地区(玉島ハーバーアイランド))

要件の第一条件は、「海から出荷できること」。
玉島ハーバーアイランドに世界最大級のプロペラ工場を立地。


■お答えいただいた方
ナカシマプロペラ株式会社 
(左)専務取締役 中島康博さん
(中)プロペラ事業部第一製造部第一製造グループ部長 河合康裕さん
(右)管理本部玉島管理グループグループリーダー 穐山浩一さん
(インタビュー:2005年度)

⇒「水島港玉島地区(玉島ハーバーアイランド)」団地紹介
このページの一番上へ

熟練工の通勤圏内にある臨海地に新工場を

ナカシマプロペラ株式会社は、1926年の創業以来、船舶用プロペラ専業メーカーとして国内70%、世界30%のシェアを持つ世界トップシェアのメーカーだ。 プロペラの大形化や受注増に対応するため、平成16年、玉島ハーバーアイランドへ大形プロペラ専用工場の立地を決定。 同年12月に着工、翌年17年8月に工場が完成、12月には操業を開始した。 「用地を決めてから1年という短期間で操業できたのは、県や市をはじめ様々な関係機関の方々のスピーディーな対応のおかげ。地元からも暖かく迎えていただき、感激した」と第一製造グループ部長の河合さんは振り返る。

河合さんは、 「工場用地選択の第一条件は、大形プロぺラを航路輸送できる臨海地であることだった」と続ける。 「本社工場は岡山市の内陸地にあるため、出荷が大変だった。許可を取り、警備をつけて、土曜、日曜の夜中に専用トラックで輸送していた」そうだ。 トラックに積載できるプロペラのサイズにも限界がある。プロペラの大形化が進むにつれて、海から出荷できる場所へ工場を移す必要性が高まった。

全長およそ270mにおよぶ玉島工場は、直径6mを越える大形プロペラの製造を担当する世界最大級の大形プロペラ専用工場だ。玉島工場が立地する玉島ハーバーアイランドは、国際貿易港としての位置づけが高まる水島港の一角にあり、内外への航路はもちろんコンテナヤードも整備されている。 玉島管理グループグループリーダーの穐山浩一さんは、にこやかに 「世界の海へ通じる、玉島の地に大形プロペラの製造設備を移管することによって、世界中の造船所へダイレクトに輸送することが可能になった」と強調する。

一品受注生産である船舶用プロペラは、職人の技とデジタル技術の融合により支えられている。 「熟練した従業員の通勤圏内であることも決め手となった」と河合さん。 明日の熟練工の確保にも不安はない。地元の工業高校などから定期採用を行っており、定着率も良いという。
このページの一番上へ

船が見える職場環境と交通の利便性にも満足

倉敷市玉島地区から橋を越えて、玉島ハーバーアイランドに渡る。瀬戸内の海が広がり、天気が良い日は晴れ晴れとした気分になる。
「われわれ船に携わる仕事をしているものが、船が見える工場で働くというのは、職場環境として最高でしょ。橋を渡ることで仕事のオンオフが切り替わります」と中島専務は笑う。
高速道路等の交通の便にも満足しており、特に「新幹線が停まる新倉敷駅が近いという利便性は大きい」という。
「増設計画にも対応できる広い用地を確保できた点もよかった」と中島専務。 今後、世界の造船所の動向を見ながら、増設も検討していく考えだ。
このページの一番上へ

会社概要

ナカシマプロペラ株式会社 玉島工場
会社名 ナカシマプロペラ株式会社 玉島工場
所在地 〒713-8103 岡山県倉敷市玉島乙島新湊8259-12
TEL 086-523-6811
FAX 086-523-6133
本社所在地 〒709-0625 岡山県岡山市東区上道北方688-1
創業 1926年
設立 2008年
資本金 1億円
代表者 代表取締役社長 中島 基善
敷地面積 57,700m2
延べ床面積 13,000m2
操業開始 平成17年(2005年)
従業員数 120人
事業内容 船舶用プロペラ製造
URL http://www.nakashima.co.jp/

このページの一番上へ