工場、物流拠点など岡山県内の産業用地および周辺環境や助成金等の紹介、運営:岡山県産業労働部企業誘致・投資促進課

文字サイズ: 文字大文字中文字小お問合せフォーム
サイトマップ

立地企業インタビュー

キリンビール株式会社 岡山工場

■お答えいただいた方
キリンビール株式会社 岡山工場長 高谷道夫
岡山工場長 高谷道夫さん
(インタビュー:2013年8月)

どんどん交通の便がよくなった岡山
岡山には「何も起こらない」という安定した魅力がある
高度成長期に立地してから40年以上!本当によかった



このページの一番上へ

岡山市東区瀬戸町へ進出を決めた理由

キリンビール株式会社 岡山工場 弊社が岡山に進出したのは、今から約40年前の1972年、高度成長期の頃です。当時既に兵庫県と広島県に工場があったので、その間に工場を作りたいと岡山県内に立地場所を探しました。

岡山県の中でも瀬戸町を選んだのは、吉井川が、水が豊富でかつビールに適した水質だったことです。やはり、ビールは「水が命」ですので。

また、物流の面は、立地当時は国鉄で出荷していたので、駅の近くで道路の交通の便も良い所というのが選定条件でした。ここは、万富駅の近くで、かつトラック輸送にも適した国道2号線にも近く、条件に合う便利な場所ということで決定しました。その後、高速道路の山陽インターチェンジが近くにでき、さらに便利になったのは、我々にとって好都合でした。
このページの一番上へ

進出して良かったと思うこと

進出してよかった点は、三つあります。

一つは、災害がないこと。東日本大震災でが、仙台工場が被災をしてタンクが倒れたりしましたが、岡山では、工場を作ってから41年間、災害がなく、被害は全くありません。

二つ目は、気候が良いことです。ビールを作るには多くの水が必要なため、晴れの日が多いにもかかわらず、水が豊富で枯れないのがありがたいです。

三つ目は、人を採用しやすく定着率が良いことです。堅実で真面目でしっかりした人が多くずっと働いてくれるのは、岡山ならではだと思います。
このページの一番上へ

立地を検討している企業へのメッセージ

岡山には「何も起こらない」という魅力があります。

気候が良い、人はやめない、地震がない。

加えて、消費地として岡山自体はそれほど大きくはないのですが、物流環境がとても良いので、商品を西日本のほとんどすべての所に短時間で届けることができます。

私たちは岡山に立地してほんとによかったと思っています。皆さんも岡山への立地を検討に加えてみてはどうでしょうか。

私たちキリンビールは、岡山の万富で41年間、心を込めておいしいビールを作ってまいりました。今後も従業員一同一生懸命作ってまいりますので、ぜひご愛顧賜ればと思います。今後ともよろしくお願いします。
このページの一番上へ

会社概要

キリンビール株式会社 岡山工場
会社名 キリンビール株式会社 岡山工場
所在地 〒709-0895 岡山県岡山市東区瀬戸町万富678
TEL 086-953-1151
FAX 086-953-1911
本社所在地 〒164-0001 東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
創業  
創立  
資本金 300億円
代表者 代表取締役社長 磯崎 功典
操業開始  
従業員数 2,386名
事業内容 ビールの製造
URL http://www.kirin.co.jp/

このページの一番上へ